スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

さてここんとこまじめに更新してたので

カテゴリー: 未分類

あえて書くことがなくなったので
来月、ネタがあつまり次第書くことに決定。

中国ギョーザ問題の責任転嫁っぷりは鮮やかですな。
本気で言ってるんだとしたら、
もう、だめだな。。

と、まじめなネタで今月は閉め。

食あたりで会社休んだだコロン

カテゴリー: 未分類

今朝は上からも下からもドバドバと。
あまりの事態に会社休む羽目に。

脱水症状おこさんように水物入れて。

で、夕方には自力で復活。
40近いのに強いな俺。

食あたりのひどいのは、
数年前の秋刀魚騒ぎとヤギ肉騒動でこりたが、
いまだに何に当たったか不明だ。
ちなみにヤギ肉といってもアイドントノウではない。

あー、さえん。今日はさっさと寝よう。
寝る前に

@cK¥を表す四字熟語

どらみを表す四字熟語

スプーキーを表す四字熟語

SHIGE-KIXを表す四字熟語

銭損を表す四字熟語

誰に痴漢宣言してるんでしょう。
それは永遠の謎。

「バレンタインメーカー」だコロン

カテゴリー: 未分類

「ウォンテッドメーカー」をうちのベースがやってましたが、
さらに問題の逸品をひとつ。

あっなたーからわったーしへ
わったーしーから、あっなーたへ
贈る言葉は悔いばかりの青春

あっきーからスプーキーへのチョコ
いきなりですね。


あっきーからどらみへのチョコ
レッツ、暇つぶしの合間の人生。


あっきーからSHIGE-KIXへのチョコ
止めはしない。


あっきーから銭損へのチョコ
新中野某店にて待つ。


@cK¥からスプーキーへのチョコ
極悪度倍増。

@cK¥からどらみへのチョコ
ちょこっと可愛さ増。

@cK¥からSHIGE-KIXへのチョコ
おもろなくなったわ。

@cK¥から銭損へのチョコ
い・や・だ(w

SHIGE-KIXからあっきーへのチョコ
いきなり爆笑。さすが遅れてきた天才は一味も二味も上ばい。


SHIGE-KIXから@cK¥へのチョコ
えーと。

SHIGE-KIXからどらみへのチョコ
夢の中でローン会社の窓口嬢だったとか・・・。

SHIGE-KIXからスプーキーへのチョコ
実にストレートな愛の言葉(w

SHIGE-KIXから銭損へのチョコ
残り20%が何に使用されたのか、逆に知りたい。

どらみからあっきーへのチョコ
また微妙な告白・・・


どらみから@cK¥へのチョコ
さらに微妙な・・・

どらみからスプーキーへのチョコ
あのー

どらみからSHIGE-KIXへのチョコ
90パーセントの行方はなんじゃらほい。

どらみから銭損へのチョコ
せんでええ(w

スプーキーからあっきーへのチョコ
ぜひ俺の目の届かないところで(w


スプーキーから@cK¥へのチョコ
うーむ。

スプーキーからどらみへのチョコ
かゆみに無比膏。

スプーキーからSHIGE-KIXへのチョコ
意味不明だ・・・

スプーキーから銭損へのチョコ
俺とあっきーのどちらが本命なのだろう。

さて、私からあなたへ。コメントは控えます。

銭損からあっきーへのチョコ

銭損から@cK¥へのチョコ

銭損からどらみへのチョコ

銭損からスプーキーへのチョコ

銭損からSHIGE-KIXへのチョコ

さて、ここで問題です。
誰と誰が相思相愛だったのでしょう?(w

みなさんもレッツトライ。
うそこメーカー

イベント雑感+二代目は情けない(意味不明)だコロン

カテゴリー: 未分類

2/16 新宿URGA Cult Chicken CRACKeR
主催イベント「艶者祭 ~ ぎぶみーちょこれーとの陣 ~」に
ご来場いただいた皆様、
ならびに、多大なご協力いただきました対バンの皆様
誠に有難う御座いました。

この場を借りて御礼申し上げます。
リアルヤッターマン1号(初代)です(w

二代目はふ抜けて性格が好かん。
漢たるもの、でなければいかん。

昨今の仮面ライダーシリーズといい、
ヒーローは、もっときっちりヒーローであって欲しいと思う。

ファンタジーの基本として、
本質的に「ヒーロー」ってのは、「意固地に筋を通す奴」なのであって、
その意固地さが逆に、いい意味の「弱点」になってるんですわな。

まあ、キャスト見ると、
今回はドロンボーが主役みたいな扱いだったりするけど
ヤッターマンと銘打つ限りは、ヤッターマンであって欲しかった。

うわっつらの笑いや楽しさや優しさだけで、
生きていける訳じゃない。
何かに架ける、とか、筋通す美しさを見るのも、
この世の楽しみの一つでもあるんだよね。

特に「筋通すとこはキッチリ筋通せよ」ってハッキリ言えるのは
最後はやっぱり男なんだから。

社会が男を育てるんだ、と、最近つくづく思うよ。
男が男でいられない社会ってのは、
やっぱり、どっかがいびつに歪んでくる。

ガキの頃から腑抜けた男しか見てない男は、
それがわかんなくなってしまうと思う。
だから、まともな父親にもオヤジにもなれない。
そんな奴が、これからの子供をどうやって育てていくんだ?

世の女性諸君。

ダンナは給料稼いでくるだけのマシンじゃねーぞ。
ガキは、テメーの愛玩動物じゃねぇぞ。
彼氏は、やさしいだけの腑抜けじゃだめなんだぞ?

男の立場を貶める女は、
自分の子供が大人に育った時に、自分が何をやったか思い知るぞ。

あ、イベント雑感だった。脱線しすぎ。

いいイベントでしたね。
デジタルから轟音まで、とにかくテンコ盛り。

URGAのブッキングマネージャーさんとも話したのですが、
いろんなものが見れるってのは、けっこう見てる側にも楽しい。
そういう意味で、観客の一人になっても楽しめる感じだったと思います。

統一感とれた感じもいいんでしょうけど、
なにせ「祭」なんだから、あれで正解なんでしょう。

個人的には村田フェニックスさん。
グダグダのまま、
あそこまで引っ張って飽きさせないってのはすげぇ手腕です。

言葉の運び方が巧みで、
ときおり、ツボをつくようにいいキメとか
はずし、が織り込まれてく、から、だろうなぁ。

表面の笑いの部分にごまかされそうですが、
実は、うちのベースが
きっちりいい意味のライバルと宣言する理由が
よく分かりました。

さて、会場から出た質問に答え。
「何でヤッターマンなの?」

あれこそ、イベント名そのままに、艶者、だからだよ。
だから、最後の「艶者」で一番暴れたってわけ。

へへへ。
Mon 2008 | トラックバック(-) | comment(0)

いやー

カテゴリー: 未分類

ひさびさにScrubやれて堪能しました。

実験にも成功しましたので、こころおきなく閉店します。
たった一度のライブでしたが、ご堪能いただけましたでしょうか。

それではScrub Club Scene閉店します。
Sun 2008 | トラックバック(-) | comment(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。