スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

『エロスバトン』

カテゴリー: 未分類

書けといわれたら書くよ俺は。

『エロスバトン』

1.あなたの名前をエロティックに。
-----------------------------------------

(耳元で囁く様に)銭損ですぅぅぅぅ。

ちなみに、以前のあだ名が「師匠」だったのだが、
シモネタ三巨頭の一角
「師匠」「大御所」「家元」の称号だったことは否定しない。

今、あえて言わないのは、まじめぶっているのではなく、
俺が言うと、数倍いやらしさが増す(当社比)らしいので、
一応、公序良俗というものを気にしてのこと。

2.あなたのエロスはどのタイプ?
-----------------------------------------

A.ノンエロス
B.むっつりスケベ
C.がっつりスケベ
D.アイラブエロス
E.グランドエロス
-----------------------------------------
C に決まっておる。

でなければ、
「スーパーエキセントリックゴールデンデリシャスグレートエロティック銭損様」
呼ぶがよい。

3.身体の中で一番エロスを感じる部位は?
-----------------------------------------

うなじ。
うっすら汗などかいておったら、もう萌え萌え。

4.エロスを感じる服装・衣装は?
-----------------------------------------

きれいな脚ラインのデニム。
勘違いしないでほしいが、デブがぱっつんなものを穿いてるものはNG。

5.エロスを感じる人を三人あげてください。
-----------------------------------------

加藤茶(ちょっとだけよ)
林屋木久翁師匠(いやんばかん)
ヤッターマン2号(初代)


6.エロスを感じる場所は?
-----------------------------------------

押入れの中の秘密。

余談ですが、高校の時の友人の告白。

友人A 『3歳ぐらいの子供の時の話なんだけど、
土曜日になると、たまに両親が
「今日はド羅えもんの日だよー」とか言って
押入れで放り込まれて寝かせられる日があったんだよねー。

その時は子供だから、深い意味わかんなくてさー
とりあえずキャッキャ言って喜んでたんだけど。
今になって考えると、あ、そういうことかと。』

銭『親御さんに座布団一枚だな、俺は。』

押入れの中の秘密、その2

友人B『H(友人C)の家で、押入れ空けたら
愛の小箱とかマジックで書かれた菓子入れの缶箱があって、
何だと思って開けてみたら、これがまた、根胴務だったのよ。
ふざけんなと思って(w』

銭『そういう時は、こう、黙って(針でぷすっと刺すしぐさ)
仕事人して帰ってくるものだ。』

7.何故かエロスを感じる言葉は?
-----------------------------------------

ほふぅ。

8.エロスを感じる歌詞をひとつ。
-----------------------------------------

とりあえず、以下を指示通り黙って聞け。
「How Many More Times」/Led Zeppelin from「Led Zeppelin」(1969)

6分53秒付近で魂の絶叫。

んなとこかな。
バトンまわすほど友達いないので、気が向いた人書いてね。

後から読んでみると
これはエロスバトンというよりも、下品だねぇ(w

まあ、中年特有の暴走であると。
根っからという話もあるが、いちいち気にしている暇はない。

さて、エロスにはもう少しエレガンスというか、
文学性があってよかろうと思う。

本来、エロスには、どことなく後ろめたさというか、
自慰行為を他人に見られたときの
所在無げな滑稽さが付きまとうものである。

しかし、本文は、明るさやあっけらかんを通り越して、
ズバズバはっきり事実を書いたために、
なんか、必要以上に下品になるという好例である(w

成金の美術コレクションにも似てるな。
「やりすぎの下品」である。
スポンサーサイト
Sun 2008 | トラックバック(-) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。